教育ローンってどんなものがある?

子供の教育にはお金がかかります。教育資金を十分に貯めていれればいいのですが、なかなかそういうわけにも行かないような家庭も多いと思います。

そんな時に利用したいのが教育ローン。教育ローンとは、教育に必要な費用のためのローンです。

教育資金が必要にをなった時でも焦ることなく使えるように「教育ローン」を頭に入れておくと良いでしょう。ぜひ参考にしてください。

教育ローンの選び方

教育ローンとは、子供が高校や大学、専門学校へ進学する時に、必要になる費用や海外留学、各種学校の教育を受ける際に必要になる費用などを目的として利用するためのローンのことを言います。

簡単に言うと、その名の通り「教育に関する費用」に使用するために借り入れすることができます。一言で教育ローンといっても主に「3種類」あります。「国の教育ローン」「民間の教育ローン」「大学提携の教育ローン」があります。それぞれで特徴に違いがあります。

広告

教育ローンってどんなものがある?

国の教育ローン

国の教育ローンの正式名称は「株式会社日本政策金融公庫教育一般貸付」と言います。一般的に国の教育ローンと言われているのは、これに当たります。

100%国が出資していて、他の教育ローンより「金利面」や「返済期間」などから見ても、教育ローンの利用者が「最も有利な条件」といえる教育ローンです。国の教育ローンは、入学料や授業料などの学校給付金に使えるのは当然のこと、受験料や子供の生活費など幅広い用途に対応しています。

民間の教育ローン

所得制限を理由に国の教育ローンを利用できないという家庭もあります。

そういう家庭には「民間の教育ローン」があります。教育ローンが扱っている金融機関は、銀行や労働金庫、ノンバンクなどがあり、担保が必要になるローンになります。無担保ローンと比べても「低金利」で借り入れできたり「高額」で借り入れできるという融資を受けることができます。金利面では、住宅ローンと一緒で「固定金利」か「変動金利」の2タイプがあります。

取引実績に応じた金利の優遇がある金融機関によって、教育ローンの商品が異なってきます。

大学提携の教育ローン

大学提携の教育ローンは、大学が直接お金を貸し出すわけではなく、大学と提携している金融機関が、教育ローンを提供するという形になります。

大学提携の教育ローンは、あまり馴染みがない人も多いですが、民間の教育ローンよりも有利な条件で借り入れできる可能性があります。

教育ローンの借り入れ者は「保護者」ですが、大学提携の教育ローンでは、子供自身が契約者となり、借り入れするものもあります。

教育ローンを活用しよう

様々な教育ローンを紹介してきました。教育ローンというのは、家庭環境や子供が通う学校によって、金利面や借入額が違うなどの違いがあるため、どの教育ローンがいいのかは一概には言えません。

そのため、ファイナンシャルプランナーや御用達の金融機関などに相談してみてください。

広告