P-oneカードで公共料金の支払いはできる?特徴を解説!

P-oneカードを使って公共料金を支払うことは可能なのでしょうか?本記事では、P-oneカードの基本情報について解説します。

P-oneカードをご存知ですか?ポケットカードが発行しているP-oneカードは、どこで利用しても常に1%割引で利用できるとてもお得なクレジットカード。

さらに、1,000円利用で1ポイントが付与されるなど、割引率が高い上、長期的にポイントも貯めていくことができるため、これからクレジットカードの申込を行う方にぜひおすすめです。そんなP-Oneカードは、ショッピングだけではなく、公共料金の支払いもできるのでしょうか?

そこで今回は、P-oneカードで公共料金の支払いができるかどうかなど、P-oneカードが持つ特徴を詳しく解説していきます。P-oneカードに申し込み予定の方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

P-oneカードの年会費と還元率

P-oneカードは、年会費無料で利用することができます。また、毎日の生活の中でお買い物の際など、カードを利用することで自動的に1%割引となる特典を受けることができます。そのため、ポイント還元率は1%となるため、とてもお得なクレジットカードです。また、割引の上限を設けていないため、お買い物の度に1%割引を受けられるため、いつもお得に利用することができると言えるでしょう。

広告

 

P-oneカードで公共料金は支払える?

P-oneカードで公共料金の支払いはできる?特徴を解説!

P-oneカードでは公共料金を支払うこともできます。電気代や水道代、ガス代などの光熱費となる公共料金の支払いがすべて1%割引されるため、確実にお得に感じるでしょう。

P-oneカードはクレジットカードを始めて申込むという方におすすめ。これは、日常的に利用する際、お買い物などでもお会計から1%割引となるため、使えば使うほどお得になるカードだからです。

さらに、国民年金保険料もP-oneカードで支払うことができ、これも1%割引となります。このように、P-oneカードは私たちの生活に密着した形でお得に利用できますよ。

 

P-oneカードの申し込み方法と問い合わせ先

P-oneカードで公共料金の支払いはできる?特徴を解説!

P-oneカードの申し込み方法のステップをご紹介します。

1.公式サイトへアクセス
2.カードの国際ブランドとカードデザインを選択
3.会員規約を確認し「承諾して申し込む」にチェックを入れ「次へ」をクリック
4.個人情報等、画面に沿って必要事項を入力し、キャッシング枠は0万円と入力
5.勤務先を登録
6.オプションサービスの申込を希望される場合は選択
7.申込完了後、登録メールアドレスへ確認メールが届く

P-oneカードについて困ったことや疑問に思ったことについて問い合わせを行うことができます。問い合わせ先はhttps://www.pocketcard.co.jp/support/です。

 

P-oneカードで公共料金は支払える!

P-oneカードで公共料金の支払いはできる?特徴を解説!

P-oneカードで公共料金の支払いができるかどうかなど、P-oneカードが持つ特徴を詳しく解説しました。P-oneカードはショッピングなどで利用すればするほどお得となり、その場ですぐ1%割引で利用することができます。

また、公共料金の支払いにも利用可能となるため、それらも自動的に割引適用となります。このように、P-oneカードは公共料金の支払いにも利用可能なため、これからカードへの申込を検討されている方は、ぜひP-oneカードへの申込をおすすめします。

注意 : クレジットカードの申し込みには常にリスクが伴います。申し込みの際は利用規約を必ず確認するようにしてください。

広告