カードローンの仮審査と本審査って何?それぞれのポイントを解説!

カードローンには仮審査と本審査があります。本記事では、仮審査と本審査の違いについて解説していきます。

カードローンを利用する際は、仮審査と本審査にクリアすることが条件となります。とは言え、この仮審査と本審査にはいったいどのような違いがあるか理解していないという方も多いのではないでしょうか?

また、カードローンの仮審査と本審査を比較しても、その評価基準が異なります。どのようなポイントを抑えておけば良いか知っておくと安心ですよね。

そこで今回は、カードローンの仮審査と本審査の違いやそれぞれのポイントを詳しく解説していきます。カードローンをご利用予定の方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

カードローンの仮審査とは?

カードローンの仮審査とは、申込者の信用情報について信用情報機関に照会を行います。他にも、申込者についてこれまで金融事故を起こしていないか、また、ローンやクレジットカードの申込情報、クレヒス、他の金融機関等における債務の有無などの必要情報について審査を行います。

広告

子の審査は機械によって自動的に行われ、基本的な項目について仮審査を行い、申込者にお金を貸しても良いかを正しく判断するために必要な審査となります。

 

カードローンの本審査とは?

カードローンの本審査とは、仮審査に通過した情報を元に、より詳しく細かく正確に審査を行うことを指します。この本審査は人の手によって様々な内容を調査することになります。本審査では申込時の申請内容を確認するための在籍確認が行われます。そして必要書類の確認を行い、本審査に通過すればお金を借りることができます。

 

カードローンの仮審査と本審査の違い

カードローンの仮審査と本審査って何?それぞれのポイントを解説!

カードローンには仮審査と本審査という2つの審査があります。仮審査に通過すると本審査が行われ、本審査に通過するとカードが発行される仕組みです。カードローンの仮審査と本審査の違いは下記の3つ。

  • 仮審査はAIが判断し本審査は人が判断する
  • 仮審査は書類なし本審査は書類あり
  • 仮審査は在籍確認なし本審査は在籍確認あり

ここでは、仮審査と本審査の大きな違いについてみていきましょう。

仮審査はAIが判断し本審査は人が判断する

カードローンの仮審査と本審査には明らかな違いがあります。仮審査は申込者の情報を調べ、融資を行ったも良いかについてAIを用いた判断を行うという点です。

そのため、審査のスピードはとても速く、仮審査通過が早くなります。一方で本審査は申込者の情報をもとにし、それらをより細かく分析し確認を行います。

大抵は人の手によって調査が行われることから、仮審査よりも少々時間を要することになります。また、本審査は融資を可能とするか否かを判断するための最終審査となっています。

仮審査は書類なし本審査は書類あり

仮審査と本審査の違いには、必要書類を揃えるかどうかが挙げられます。しかし、カードローンを借りる会社によって、本人確認書類の提出が異なる場合もあります。一般的には本審査では本人確認書類の他、所得証明書類の提出が求められることもあります。

このように、仮審査と本審査では必要書類が異なるという点を踏まえ、カードローンへの申込を検討されている場合は書類をきちんと揃えておくようにしましょう。

仮審査は在籍確認なし本審査は在籍確認あり

仮審査を行う際は、特に申込者が申込書に記載した会社に在籍しているかなどの在籍確認はありません。しかし、本審査に移行すると、本当に申込内容に虚偽の記載がないかどうかを最終判断するという意味でも、申込者に対して在籍確認を行います。正しく在籍確認を行うことができた場合、スムーズにお金を借りることができます。

 

仮審査は易しく本審査は厳しめ!

カードローンの仮審査と本審査って何?それぞれのポイントを解説!

カードローンの仮審査と本審査の違いやそれぞれのポイントを詳しく解説しました。カードローンは仮審査と本審査を経てお金を借りることができます。また、仮審査は在籍確認なく審査通過が優しいと言えるでしょう。

しかし、本審査に移行した場合、在籍確認が必要であるなど審査が厳しめになるということが分かります。このように、カードローンの審査には仮審査と本審査があり、その内容も異なるという点を理解しておくと安心です。

広告