カードローンの審査基準とは?会社側は申込者のどこを見ている?

カードローンには審査が必ず必要ですが、会社側は審査の際、申込者の何を見ているのでしょうか。本記事ではカードローンの審査基準についてご紹介します。

カードローンはフリーローンとは異なり、保証人なしで審査に通過すれば限度額の範囲内で何度でもお金を借りることができる便利なサービスです。利用したことがあるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、誰もがカードローンの審査に通過するとは言えず、実際の審査基準が気になります。会社側が申込者のどこを見ているのか気になりますよね。

そこで今回は、カードローンの審査に通過するための審査基準について解説していきます。カードローンの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

カードローンとは?

カードローンとは、事前申込を行い、審査にクリアした際は、急を要する場合でも必要となる現金を限度額以内であれば何度でも借りることができるサービス。このカードローンはフリーローンの位置付けとはまた異なり、ATMで手軽に引き出し利用することができ、とても便利です。

広告

さらにフリーローンとは異なり、借りたお金の使い道や使い方に制限はなく、自由に利用することが可能です。嬉しいポイントは、フリーローンの場合は借入を行う際に何らかの担保を設定する、あるいは返済能力がないと判断された際に保証人に返済の義務が科せられるといった保証人を立てる必要があります。

 

カードローンの審査基準は?

カードローンの審査基準とは?会社側は申込者のどこを見ている?

ここではカードローンの審査基準をご紹介していきます。

申し込み者の属性

カードローンの審査基準のひとつに、本審査の際は「属性審査」を行います。これは、申込者の年収や勤続年数、年齢、借入状況や現在の信用情報などについてのチェックです。

その際、勤続年数が長く、雇用形態も正社員として、また、安定収入を得ている点が有利な審査基準になると言えるでしょう。

また、自宅も賃貸より持ち家で居住年数が3年以上であり、ローンなどの返済を滞りなく行っているという点も重視されることが多いです。とは言え、審査で重要視するポイントについては各それぞれの金融機関によって異なりますので、一概には言えません。

信用情報

勤続年数が長く、属性なども審査基準をクリアしていても審査に落ちるという方は、それ以上に信用情報について問題がある可能性が高いと言えます。

例えば

  • 過去に支払いを延滞している
  • 奨学金の返済が滞っている
  • 他業者での借り入れ返済が遅れがちになった経験がある
  • あるいはクレヒスがなく白紙の方

などは、審査に通過しないケースが見られます。

このように、審査基準を十分にクリアしているにも関わらず審査に落ちてしまうという方は、信用情報に何らかの問題が生じている可能性があり、なかなか審査通過が厳しい状態になると言えるでしょう。

 

カードローン審査に通りやすくなるためのポイント

カードローンの審査基準とは?会社側は申込者のどこを見ている?

ここではカードローン審査に通りやすくなるためのポイントをご紹介していきます。

勤続年数が長いと通りやすい

カードローン審査に通りやすくなるためには、勤続年数が長ければ長いほど通りやすいと言われています。これは、安定収入を得ている人物であると判断されるためです。このように、カードローン審査を受ける際は、勤続年数が長いと有利であることが分かります。

 

他社で借り入れを行っていないと通りやすい

カードローン審査に通りやすくなるためには、他社で借入を行っていないことが条件となります。これは、現在すでに借入があり返済を行っているという状況の方は、さらにカードローンでお金を借りることになるため、返済能力の有無を判断されることになるためです。

その際、返済能力があると判断されるかは審査を行ってみなければ分かりません。このように、他社で借入を行っていない方のほうが審査に通りやすいと言えるでしょう。

 

借り入れ金額が少ないと通りやすい

カードローン審査に通りやすくなるためには、カードローンで借入する金額が少額であるほど通りやすいと言えます。これは、金融機関側の貸し倒れリスクを最小限にすることができるためです。このように、借入金額が少額であればカードローンの審査に通る可能性が高いことが分かります。

 

カードローンの審査基準は属性と信用情報!

カードローンの審査基準とは?会社側は申込者のどこを見ている?

カードローンの審査基準についてご紹介しました。カードローンは誰でも審査に通るという確証はなく、必ず属性や信用情報についての審査が必要となることがわかりましたね。これからカードローンの申込を行う方は、自身の属性などを再確認し、申込を行うようにしましょう。

注意 : カードローンの申し込みや利用には常にリスクが伴います。申し込みや利用の際は利用規約をよく確認するようにしてください。

広告