申し込む前に知っておきたいカードローンの基礎知識!審査ってなに?

今回ご紹介するのはカードローンについて。カードローンに関する基礎知識や審査の流れについて詳しく解説します。

カードローンは想像以上に厳しい審査を受け、それに通過した方だけがお金を借りることができます。また、カードローンの申込の際は真実を記入することが大切。

虚偽の内容を記入することで、今後ローンを組むことができなくなるなど十分に注意が必要です。申し込みの際に嘘をつくのは絶対に止めましょう。

そこで今回は、カードローンに関する基礎知識や審査の流れについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

 

カードローンの審査の流れ

申し込む前に知っておきたいカードローンの基礎知識!審査ってなに?

広告

ここではカードローンの審査の流れをご紹介していきます。

スコアリング

カードローンの審査を行う際は、まず、属性審査となるスコアリングを実施します。このスコアリングによって本審査に通過するであろう人を絞る作業がなされます。この時、自身のスコアが基準点に達していることが条件となり、もしも超えていない場合は審査に落ちることになります。

金融信用情報の照会

スコアリングと同時に本人がどれほどの信用ある人物であるかを見極めるために、金融信用情報の照会を行います。信用履歴については、これまでローンを組んだことがある、クレジットカードを新規作成した、契約、その他返済情報などが登録されています。

仮審査

スコアリングや信用情報審査を終え、審査基準を満たしていた場合に仮審査が終了し、本審査へと移行します。しかし、スコアリングや信用情報審査を行った段階で、いずれか一方あるいは両方ともの審査基準に満たない場合はカードローン審査は終了し、お金を借りることができなくなります。

本審査

仮審査が終了すれば本審査に映ります。本審査では、金融業者が関わる分、様々な手続きや申込によるチェックが多くなると言えるでしょう。また、申込者が返済能力を有しているか、あるいは申告された収入や勤務先など虚偽の説明を行っていないかなど詳しく確認が行われます。

在籍確認など

申込による内容確認が終了したら、審査担当者は申込者に対し、電話連絡を行う審査手続きを進めていきます。この時、在籍確認の意味でも電話連絡が入ることになりますが。これは申込者が安定収入を得ているか、また、申込者が勤務先に在籍しているかの確認を行うこともあります。

カードローン融資の開始

順調に審査に通過した場合、カードローンを利用することができます。これは銀行カードローンとなるため、保証会社による保証を得ておくことが必須事項であり、これがない場合はカードローンを借りられなくなるため注意してください。銀行カードローンは保証会社と銀行が行う両方の審査に通ってはじめて利用可能となるということを覚えておいてくださいね。

 

カードローンの審査に通りやすい人はこんな人!

申し込む前に知っておきたいカードローンの基礎知識!審査ってなに?

ここではカードローンの審査に通りやすい人をご紹介していきます。

返済能力がある人

カードローンの審査に通りやすい人は、返済能力があると見なされた人です。そのため、利息残高、借入件数を減らし、安定収入を確保すれば、延滞の記録なしに審査に通りやすくなると言えるでしょう。

カードローンの審査資格を満たしている人

カードローンの審査に通りやすい人は、安定した収入を得ているか、返済能力があるかどうかなどの審査資格を満たしている人です。この時点で無職である等の場合は審査資格を満たしているとは言えず、申込を行うこともできません。

 

カードローンには審査がある!

申し込む前に知っておきたいカードローンの基礎知識!審査ってなに?

カードローンの基礎知識について解説しました。カードローンは誰でも借りられるということではなく、審査基準に満たした人だけが申込を行い、本審査に通った人のみ借りることができます。審査は厳しく、通過するためにも様々な基準をクリアしておくことが大切です。

注意 : カードローンの利用には常にリスクが伴います。申し込みの際は利用規約を読み、十分注意するようにしてください。

広告