借金の返済について

借金を返済中のみなさん。借金の返済が月によっては厳しくなることがありますよね。

そこで本記事では、借金の返済でもし二つの会社からお金を借りている場合の一ヶ月の返済金額を抑える方法を紹介します。

また、借金について詳しく知らない方は借金の返済についての怖さも詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。借金の返済について

借金の利子の高さについて

借金は利子が非常に高く設定されているので注意が必要です。

コンビニで支払いシステムを利用して、毎月30000円の返済をしたとしましょう。しかし実際に返済金額を確認してみると5千円は返済金に残りの2万五千円は利子になっています。

広告

要するに25000円は返済ではなく借りた会社に渡しているお金になります。

実際に借金した人の体験談で、100万近くの借金をしていて、毎月3万の返済を3年続けていたとしましょう。しかし、いざ3年後に残高を確認したら借金が80万残っていて、毎月の引き落としが3万に対して2万五千円は払ってないお金のようになっていたということもあります。

借金の最初の手数料はただですが、返していく時にほとんどが利子として取られていくと覚えておいたほうがいいでしょう。

借金の返済について

一ヶ月の借金返済金額を減らす方法

この方法は2社以上から借金をしている人に有効です。

まず借金をすると金融会社からカードが渡されます。二枚あるカードのうち1枚に合算して支払って行くことで借金の返済額を減らすことができます。

二社から借りているとと二社分の利子がとられていくのでいくら返済しても減る金額が少ないです。そのため、例えばアコムプロミスのカードを2つ持っていたら、より利子の高い方(アコム)を優先的に返済していくのが有効となります。

この際には、プロミスからアコムの残りの返済額を一括で借りて、返済するなどの方法があります。そうすると、月々の利子が減ることとなります。

借金の落とし穴

借りる時もそうですが、一度借り出すと気がつけばどんどん金額が膨れ上がります。

一番怖いのが返済していくなかで一ヶ月に一回電話がかかってきて「返済をちゃんとしているので、借りれるお金の金額が上がりました」と電話がくるということです。

奥さんや旦那さんに黙って借金している方はカードや支払い後のレシート、上限金額の連絡でバレる確率がとても上がります。これにより最悪の場合、家族が崩壊してしまうこともあります。黙って借りていたとしても証拠は残る場合が多いので、初めから家族に相談したほうがいいでしょう。

借金している方へのアドバイス

借金をしないに越したことはないですが、やむ終えず借金した方は一括で返せそうな時に一括で返したほうが先々の利子を考えると絶対に特です。

広告