借金トラブルを避けるにはどうしたら良い?トラブルの解決法も!

今回は、借金トラブルの解決法やトラブルを避けるための方法についてご紹介します。役立つつ式をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

友人や知人にお金を貸したら、連絡が取れなくなってしまった…このような借金トラブルは数多く発生しています。「お金を貸さなければ良い」とは言いますが、困っている友人などがいたら、助けてあげたいですよね。

では、借金トラブルはどのようにしたら避けることができるのでしょうか。また、実際にトラブルが起きてしまったら、どのように解決したら良いのでしょうか。

そこで今回は、借金トラブルの解決法やトラブルを避けるための方法についてご紹介します。役立つつ式をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

借金トラブルを解決するには?

借金トラブルを解決するには主に下記の3つの方法があります。

広告
  • 弁護士に相談する
  • 司法書士に相談する
  • 非営利法人に相談する

弁護士や司法書士は借金トラブルを解決するプロフェッショナルです。相談料などがかかりますが、確実に問題を解決に導いてくれると考えて良いでしょう。また、非営利法人のような機関も存在します。借金の額が少額であったり、弁護士や司法書士に相談するのがためらわれる場合に利用するのがおすすめです。

 

借金トラブルを避けるための方法3つ

借金トラブルを避けるにはどうしたら良い?トラブルの解決法も!

借金トラブルは必ず解決することができます。しかし、トラブルはできれば事前に避けたいですよね。借金トラブルを避けるためには以下の3点に注意しましょう。

  • 仲立人を用意する
  • 借用書を書く
  • 返済できない場合があることを想定する

ここでは、借金トラブルを避けるための方法を3つご紹介します。

仲立人を用意する

借金トラブルを避けるためには仲立人を用意しましょう。仲立人とは文字の通り、お金を貸す人と借りる人の仲介をする人のことです。仲立人を事前にきちんと立てることで、トラブルが起きた時に冷静に対処することができます。

借用書を書く

お金の貸し借りをする際は借用書を書くようにしましょう。借用書は借金の内容を明記したもので、トラブルに発展した際に事実を客観的に証明するのに役立ちます。メモ程度で構いませんので

  • 誰が誰に貸したのか
  • いくら貸したのか
  • いつ貸したのか
  • 利子の金額
  • 返済日
  • お金を借りた人のサイン、住所、捺印

以上の点をしっかり記録するようにしてください。

返済できない場合があることを想定する

借金トラブルを避けるためには、万が一返済ができなかった時の条件を事前に決めておきましょう。返済ができない時の場合を共有しておくことで、借り手が返済の責任を放棄する事態を避けることができます。

 

借金トラブルは事前に防ぐことができる!

借金トラブルを避けるにはどうしたら良い?トラブルの解決法も!

今回は借金トラブルを避ける方法と解決法について解説しました。借金トラブルはちょっとした気遣いで事前に避けることができます。ぜひ本記事を参考に、借金トラブルを事前に避けるようにしてください。

 

広告