ファイナンシャルプランナーとは?取得することのメリットは?

ファイナンシャルプランナーという職業を聞いたことがありますか?ファイナンシャルプランナーは顧客のお金に関する相談に乗る「お金のプロ」です。今回はファイナンシャルプランナーの概要やメリットについてご紹介します。

ファイナンシャルプランナーと呼ばれる資格があることをご存知の方も多いのではないでしょうか?ファイナンシャルプランナーは簡単に言えば、お金のエキスパートです。

しかし、実際、どのような仕事を行うのか、また、資格取得のための難易度はどれほどなのか気になる方も少なくありません。

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの資格を取得することのメリットや、どのような魅力を実感できるかご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーとは?取得することのメリットは?

広告

ファイナンシャルプランナーとは、金融資産の運用や投資信託や住宅ローン、さらには不動産売買や相続等の問題について、あらゆるお金のジャンルにおけるプランを立ててくれるエキスパートだと言えます。

そのため、あなた自身がこれから将来に向けてどのような人生設計を立てていけば無理なく無駄なく過ごしていけるかを見極めることができます。それらの手助けをしてくれるのがファイナンシャルプランナーです。

 

ファイナンシャルプランナーのメリットとは?

ファイナンシャルプランナーとは?取得することのメリットは?

ここではファイナンシャルプランナーの資格を取得するメリットについてご紹介していきます。

お金の知識が増えて苦手意識がなくなる

ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると、自身の人生において必ずと言って良いほど発生する教育資金や住宅取得資金だけではなく、将来必要となる老後資金など、様々な資金の出費の準備を行うことができます。

これを計画的に行うことができるため、人生の節目節目で必要となるお金の知識も増え、より心にゆとりを持った楽な生活を送ることができます。また、お金に対する苦手意識もなくなり、より良い人生設計を行うことができます。

自分の人生にも役立てることができる

フィナンシャルプランナーの資格を取得すると、あなたがこれから将来に向けて生きていく中で欠かせない社会保険、そして将来受け取るであろう年金についての知識を自然と学ぶことができます。

そして、自分が生きる人生を豊かなものに設計することもできるなど、自分に必要なものが何であるかを見極めることもできます。さらに、お金に対する価値を深く理解できるようになるでしょう。

普通は聞けない他人のお金の話が聞ける

ファイナンシャルプランナーの資格を取得するために、これまで多くの知識を得るために勉強を重ねてくると、その中で金融や税制についての知識を得る機会があります。日常生活を送る中でそこまで税制を知ることはないと言えます。

しかし、勉強を行う中で、知らなかった節税法を理解することができるなど、資格取得に対するメリットを十分に感じられるでしょう。また、自分の人生プランだけではなく、他人のお金の話を聞く機会もあるため、貴重な経験ができます。

 

ファイナンシャルプランナーの難易度は?

ファイナンシャルプランナーとは?取得することのメリットは?

ファイナンシャルプランナーの試験の学科の難易度は、FP3級で70%、FP2級で25〜30%、FP1級は10%と非常に難しくなっています。一方、実技の難易度は、FP3級で80〜90%、FP2級で50〜60%、FP1級で70〜90%だと言われています。

FP3級やFP2級の資格を取得する場合は、難易度は低めであると言えるでしょう。より上を目指すFP1級ともなれば、学科部門の難易度が非常に高く、しっかりと知識を身に付けることが大切です。

日本FP協会 ホームページ

 

ファイナンシャルプランナーはお金に関するプロ

ファイナンシャルプランナーとは?取得することのメリットは?

ファイナンシャルプランナーの資格を取得することのメリットや、資格取得のための難易度についてご紹介しました。

ファイナンシャルプランナーは将来に渡る人生設計を行うだけではなく、仕事面においても役立つ資格であることが分かりましたね。ぜひ、FP資格を取得し、あなたが活躍できる場を見つけてみてくださいね。

広告